不動産の査定額を算出する3種類の方法

不動産売却のファーストステップ

不動産売却のファーストステップ売却の具体的金額とは?不動産査定の種類

不動産物件の売却見込み額を知る為には、まずは査定を受けるのが一般的です。
物件に関する様々な状況を確認した上で、大まかな売却目安額を算出する訳ですが、その方法は一通りではありません。
全部で3つの方法があって、それぞれやり方は異なります。
具体的にどのような方法があるかというと、その内の1つは今後の純利益や利回りなどを基準に算出するやり方です。
主に事業向けの物件で採用されている方法であり、まずは物件による純利益を確認します。
大体1年間あたりに発生する純利益を確認しますが、それを還元利回りの数字で割るのです。
その計算結果が査定額になります。
例えば利回りは5%という物件があり、1年間に受け取れる収益見込み額は120万円であるとします。
しかし実際には色々な経費がかかり、その合計額は年間20万円だとすると、純利益は100万円になる訳です。
この100万という数字を5%で割れば2,000万円になります。

不動産査定の種類 / 売り手として知っておきたい不動産査定と売却の仕組み [不動産査定・土地査定] All About